無酸素運動とは 運動のもたらす効果で健康な毎日を

運動のもたらす効果で健康な毎日を
●健康のために効果的な運動について●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

無酸素運動とは

無酸素運動とは、短距離走や筋力トレーニングなど短時間に強い力を発揮する運動のことをいいます。競技中に呼吸をしていないという意味ではなく、筋肉を収縮させるためのエネルギーを酸素を使わずに作り出すことからそう呼ばれています。マッサージ 新宿でリラックス

筋肉が収縮するためのエネルギー源となるのが、アデノシン三燐酸(ATP)です。安静時の筋肉内には、ある程度のATPが蓄えられていて、急な運動時にはすぐに使えるようになっています。しかし、高強度の運動を行った場合は数秒でなくなってしまいます。さらに運動を続ける場合には、筋肉中や血液、肝臓に蓄えられたブドウ糖からATPを作り出します。この場合、酸素量が不足している状態でもATPを作り出すことができるのです。東京 出張マッサージの癒しの時間

しかし、ATPを作り出す過程で同時に乳酸が生じてしまいます。乳酸が多くなると痛みやだるさを感じ、筋肉が収縮しにくくなり、最終的には運動を続けることができなくなります。このため、高強度の無酸素運動の持続可能時間は1~3分程度なのです。

スポンサーサイト

2011年01月28日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。