幼児期の五感を育てる食事法④-1 運動のもたらす効果で健康な毎日を

運動のもたらす効果で健康な毎日を
●健康のために効果的な運動について●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

幼児期の五感を育てる食事法④-1

子供の食育について紹介します。

今回は、五感を育ていく食事法の中の「味覚」についてです。

この「味覚」も、『幼児期前半』『幼児期後半』『学童期』に分けて紹介します。

『幼児期前半』

「味わう」ことは、味、歯ごたえ、におい、温度など、口の中の感覚を通じ脳を刺激するものです。

味には、甘い、辛い、すっぱい、苦いなど様々あります。

幼児にとって酸味や苦味というのは、本能で「危険な味」と判断してしまうので嫌がることが多いです。

これとは逆に、「楽しい味」「安全な味」というのは甘味ですが、子どもが甘味を好むからといって、甘いジュースなどを覚えてしまうと、強い甘味ばかりを欲するようになってしまい、甘味以外の味覚が弱くなります。

毎日の食事の中で、様々な味を味わうことが大切になるのです。

ですが、多くの香辛料を使用した刺激の強いものは、この時期に当てる必要性はありません。

また、幼児期の味覚は、大人の倍近く敏感に感じてしまいます。

濃い味ばかり食べ続けていると、若年齢で高血圧や糖尿病などを発症する危険性もあるので、味付けは、薄味にして素材の『旨味』を引き出して、味の違いを感じさせてあげましょう。

スポンサーサイト

2010年12月02日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。