鍋で体を温めつつ健康に。 運動のもたらす効果で健康な毎日を

運動のもたらす効果で健康な毎日を
●健康のために効果的な運動について●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

鍋で体を温めつつ健康に。

寒い季節がやってきたということで、冬の食べ物の代表格である「鍋」について紹介します。

鍋料理の特徴は、まず、1番に思いつくことは「体が芯から温まる」ということです。

人間にとって温かい食べ物というのは、心身ともに重要といえるのです。

体の内部から体を冷やさないためにも、人間にとって「鍋」は良いものなのです。

鍋料理の良さは、体が温まり冬を乗り切る料理としては最強と言えます。

また、種類も数多く存在している鍋は、どれをとっても野菜が多く入っていますよね。

野菜というのは煮込むことで食物繊維が柔らかくなり、生野菜よりも多く食べることが可能になるのです。

さらに、鍋のスープにまでビタミンやミネラルが溶け出しているので、最後の最後まで味わえる上に、体にとってもありがたい栄養の宝庫なのです。

また、野菜に含まれているペクチンには、胃の調子を整えてくれる効果を持っているので、胃腸薬を飲んでいる状態と同じともいえるのです。

さらに、鍋は心の癒しにも役立つのです。

鍋はどちらかというと、1人で食べるものではなく、大勢で食べる料理ですよね。

このように大勢で鍋を囲んでいると自然と会話も弾み、笑いも生まれます。

そして、自然とストレス解消にも繋がるのです。

この冬は、鍋料理で心と体を健やかにしていきましょう。

スポンサーサイト

2010年11月02日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。