飲料水の種類と選び方 運動のもたらす効果で健康な毎日を

運動のもたらす効果で健康な毎日を
●健康のために効果的な運動について●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

飲料水の種類と選び方

○○の美味しい水や、○○の天然水など、今、コンビニには
日本だけでなく、世界の水が売られています。

どれも同じように思いますが、水には硬水、軟水があります。

日本には軟水が多く、ヨーロッパは硬水が多く、
その硬度の差は、水が流れる地層で変わると言われています。

水はマグネシウムやカルシウムの量によって
硬水と軟水に分けられ、マグネシウムとカルシウムの含まれる量が
多いと硬水、少ないと軟水といいます。

硬水は1㍑当たり、120~180mg、
それよりも低いものを軟水と呼び、
日本の水は、1㍑当たり、20~60mgが多く、
水道水でも60mg前後です。

硬水は、ミネラル補給として飲用するといいですが
慣れないうちは、お腹の調子が緩んでくるなる人もいるので、
少しずつ飲みましょう。

人間の体は体重の約65%が水分です。
水は体にとって大切なものなのです。
汗や排泄で毎日、2.5㍑は出て行くので
その分は必ず補給しましょう。


スポンサーサイト

2010年09月13日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。