健康食品 運動のもたらす効果で健康な毎日を

運動のもたらす効果で健康な毎日を
●健康のために効果的な運動について●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

あさりの効能

コレステロールの排出効果のあるタウリンと呼ばれるアミノ酸の一種を豊富に含み、
動脈硬化を防ぐ効能があるそうです。

また、豊富な鉄分とビタミンB12を含んでいる事が特長で、
特に、植物性食品が中核をなしている純和食では
摂取しにくいビタミンB12を補給する貴重な源となります。

豊富なビタミンB12を含んだ食品には、
他にも卵やレバーなどがありますが、
これらの食品は、過度に摂取しすぎると、
コレステロールが増加するといった弊害を生みます。

<マッサージ情報>
出張マッサージ 飯田市
リンパマッサージ

スポンサーサイト

2011年09月26日 トラックバック(-) コメント(-)

鍋で体を温めつつ健康に。

寒い季節がやってきたということで、冬の食べ物の代表格である「鍋」について紹介します。

鍋料理の特徴は、まず、1番に思いつくことは「体が芯から温まる」ということです。

人間にとって温かい食べ物というのは、心身ともに重要といえるのです。

体の内部から体を冷やさないためにも、人間にとって「鍋」は良いものなのです。

鍋料理の良さは、体が温まり冬を乗り切る料理としては最強と言えます。

また、種類も数多く存在している鍋は、どれをとっても野菜が多く入っていますよね。

野菜というのは煮込むことで食物繊維が柔らかくなり、生野菜よりも多く食べることが可能になるのです。

さらに、鍋のスープにまでビタミンやミネラルが溶け出しているので、最後の最後まで味わえる上に、体にとってもありがたい栄養の宝庫なのです。

また、野菜に含まれているペクチンには、胃の調子を整えてくれる効果を持っているので、胃腸薬を飲んでいる状態と同じともいえるのです。

さらに、鍋は心の癒しにも役立つのです。

鍋はどちらかというと、1人で食べるものではなく、大勢で食べる料理ですよね。

このように大勢で鍋を囲んでいると自然と会話も弾み、笑いも生まれます。

そして、自然とストレス解消にも繋がるのです。

この冬は、鍋料理で心と体を健やかにしていきましょう。

2010年11月02日 トラックバック(-) コメント(-)

紅茶の健康効果

ストレス社会と言われているこの現代、抗酸化作用を持っている紅茶を毎日飲むことをオススメしたい。

紅茶は、ビタミンC・E、カロテンや主要ミネラルの一種といわれるセレンなどの、抗酸化物質を含んでいる食品と一緒に摂取すると、更なる効果を発揮してくれるのだ。

紅茶を1日に2、3杯飲むことが良いだろう。

バターや牛乳、卵や野菜、果物と一緒に紅茶を飲むという習慣は、健康を保持するための食生活なのだ。

かといって、糖分やカロリーなどのことを考えず、過剰に摂取することは逆効果になるので注意しよう。

紅茶がもたらす健康効果をいくつか紹介しようと思う。

・抗菌作用・風邪予防
紅茶に含まれているフラボノイドは、食中毒菌などを殺菌する効果や、インフルエンザウイルスなどの感染力を消し去る効果を持っていて、抗菌作用が強力なのだ。
風邪予防以外に、喉が痛むときには紅茶でうがいをするのも良いらしい。

・虫歯予防
お茶の葉は、他の植物と比較してみるとフッ素を多く含んでいる。
お茶の中でも紅茶が特に多いのだ。
紅茶に含まれるフッ素が歯のエナメル質を強化し、虫歯を予防してくれるのだ。

・ストレス解消
紅茶に含まれているカフェインによって、体内活動を活発にする覚醒作用が発揮できる。
これは、紅茶の香りが持つアロマテラピー効果によるものといわれている。

2010年10月29日 トラックバック(-) コメント(-)

トマトで健康に・・・

トマトの原産地は南米で、元々、日本では食用としてではなく、観賞用として栽培されていた。

明治以降からの洋食化に伴って、トマトケチャップが普及したことで食用とされ始めた。

完熟トマトをご存知だろうか?

完熟トマトはビタミンの宝庫と言われ、加熱して食べることで甘味がさらに引き立つのだ。

このようなトマトがもたらす健康面での効果を紹介しよう。

・酸味による胃液の分泌の促進で、たんぱく質などの消化を手助けする。
・カリウムによって余分な塩分を排泄することで、高血圧の予防につながる。
・リコピンによってガンの予防につながる。
・ビタミンCによって、細胞を丈夫にしてくれるコラーゲンの形成が行われやすくなる。
・生のトマトは二日酔いが引き起こす、胃のむかつきを抑制してくれる。
・心臓発作の原因と言われる、高血圧の予防として、空腹時に生のトマトを1、2個食す。
・口にトマトジュースを数分間含んでいると、口内炎の炎症防止につながる。

このような、効果はトマトの良さの一部分にすぎない。

普段の食事にトマトを取り入れてみてはどうだろうか。

[PR]
マッサージ 世田谷
リンパマッサージ 東京

2010年10月27日 トラックバック(-) コメント(-)

ブルーベリーの効力。

知っている方も多いと思うのですが、目に良いという事で話題にもなっている「ブルーベリー」。

ブルーベリーは昔から存在しているわけではなく、輸入品としてヨーグルトのソースやジャムなどに加工され、数年のうちに人気となったのだ。

代表的な食用の種類は、「ハイブッシュ・ブルーベリー」「ローブッシュ・ブルーベリー」「ラビットアイ・ブルーベリー」で、日本で栽培されているものは約70%が「ハイブッシュ・ブルーベリー」なのだ。

特徴はきれいな青色で、着色したものでなく、天然の色素なのだ。実はこの色素こそが目に良いといわれている物質だ。

この色素の正体は「アントシアニン」で、これが目に良いはたらきをもたらし効果かを発揮するのだ。

この「アントシアニン」は血行をよくしてくれるはたらきがあり、目に多くの栄養素を送る役割も持っているのだ。

ブルベリーにはその他に、

・若返り効果
・毛細血管の保護
・尿路感染症を予防

といった健康効果があり、食べ方はドライ食品・酢・冷凍食品・ジャム・お菓子・サプリメントなど様々なものがある。

しかし生で入手するのは今の日本では難しく、他の果物と比べて高価なものなので加工品を利用してみよう。

2010年10月11日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。