運動のもたらす効果で健康な毎日を ●健康のために効果的な運動について●

運動のもたらす効果で健康な毎日を
●健康のために効果的な運動について●

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

炭酸水の効果

炭酸水の働きには血管を広げて、
血の巡りを良くする効果があるとされています。

血のめぐりを良くすることが出来れば、
血流が増えるので、
血管の中の老廃物が押し流されて、
血液をサラサラにすることが出来ます。

そうなると体内が活性化するので、
代謝がアップしてカロリーの消費が
多くなって太りにくい体となることが出来るのです。

さらに、炭酸水には若さを保つ
アンチエイジング効果も期待できます。

酸性に傾いてしまった体を
弱アルカリ性に中和することで、
健康な体を維持することが出来ますよ。

スポンサーサイト

2011年05月31日 トラックバック(-) コメント(-)

ストレス発散でダイエット効果も上げる

普段、無意識に何か食べ物を食べているということはないですか?

それはもしかすると、ストレスが原因でやけ食いしているという可能性があります。

本来、人は脳で食欲をコントロールしています。

満腹だと感じたら、食べることをやめるようにできる動物なのです。

ですが、日々ストレスを受けていると、満腹状態になっていても、そのストレスを解消しようとして何か食してしまうという行動にでてしまうのです。

これは、イライラ食いや気晴らし食いとも言われ、このような行動のことを「代理摂食」と呼んでいます。

このような傾向にある人は、無自覚な状態で食べていることが多いので、異常な量を食べてしまい歯止めが効かなくなる人もいるようなのです。

当然、肥満気味である人が多く、さらにこの代理摂食というのはストレス解消にはいたらないので、肉体的にも精神的にも良くないのです。

ストレスを受けずに過ごすことが1番良いのですが、そのようなことは現代ではありえないことですよね。

なので、食べることでストレスを解消しようとするのではなく、それ以外に解消法を見つけてストレスと上手く付き合うことが大切なのです。

音楽が好きな人は、音楽を聴くことで気持ちを解放したり、お風呂が好きな人は、お風呂でさっぱりするのも良いですね。

この他にもスポーツで発散したり、買い物で発散したりといった、様々な解消があります。

まずは、自分が好きなことを交えてストレスを解消していきましょう。

[PR]
出張マッサージ 世田谷
オイルマッサージ 練馬

2010年11月09日 トラックバック(-) コメント(-)

ウォーキングダイエット法

ウォーキングは誰もが気軽で簡単にできる有酸素運動だ。

最近では、ウォーキングをする人が増加しており、人気もある。

ウォーキングで効率の良い脂肪の燃焼法は、ダラダラとと歩かずに、大きく手を振って歩くことを心がけよう。

そして、普段歩く時よりも歩幅を大きくして、少し早歩きで歩こう。

そうすることによって、普段歩いている時よりも心拍数が上昇する。

軽く息がはずむ程度で、会話が程よくできるくらいの状態がベストだ。

最低でも20分間は歩いてみましょう。

だが、頑張りすぎてしまい、腰や膝を痛めてしまったら何も意味がない。

腰や膝を痛めないためには、足を着地する際は必ずかかとから。

もしも、足腰に負担がかかってキツイと思ったら、水中ウォーキングを試そう。

水の中は足腰に負担がかかりにくく、水圧によるシェイプアップ効果を得られるのだ。

ウォーキングの際の呼吸法は鼻から吸い、ゆっくりと口から吐く事が基本だ。

息が切れて辛くなったら、深呼吸を何度かしてみよう。

落ち着いてくれば、疲労感も減ってくる。

それでも、辛くなったら、歩くスピードをゆっくりとして、無理をしないことが大事だ。

2010年10月20日 トラックバック(-) コメント(-)

海藻でダイエット

海藻というのはノンカロリーで、さらにミネラルや食物繊維を多く含んでおり、ダイエット中の方は積極的に摂取したい食品だ。

だが、海藻だけを摂取するのはあまり好ましくない。

海藻だけだと栄養が足りないのだ。

ダイエットは炭水化物・脂質・たんぱく質などの3大栄養素やビタミンを確実に摂取しながら、バランスがとれた良い食生活を行って、1日のカロリーの抑制を行いつつ、ダイエットにのぞまないといけない。

ただ、ダイエット中というのは誰しもがむきになってしまい、食事の量を控えてしまう。

食べたいけど食べることができない、

このような感情がかなり襲ってくるのだ。

このような時に役に立つのが海藻類だ。

あと少し食べたいと思ったらカロリーの無いドレッシングなどをかけた、海藻サラダをオカズに加えてみよう。

目標としているカロリーを超えることなく、同時に満腹感も満たすことが出来るのだ。

さらに海藻にはベータカロチンも含まれている。

ベータカロチンにはビタミンCやEと同類の抗酸化作用(細胞の老化やがん化、動脈硬化を防ぐ働き)が期待されているものなので健康にも良いのだ。

2010年10月19日 トラックバック(-) コメント(-)

豆乳のダイエット法

豆乳が体に良いといわれる理由の一つは、なんといっても低力ロリーだ。

牛乳の3分の2のカロリーで、さらにはタンパク質は豆乳のほうが多く、脂質は少ない、そして、コレステロールはなんと0なのだ。

豆乳には、他にも悪玉コレステロールを退治するレシチンや体の酸化防止に効くフィチン酸やサポニンといった多くの健康に良い成分が含まれてる。

豆乳はまさに、「健康のデパート」といえる。

大豆製品の中でも吸収率が1番良いのは豆乳だ。

吸収率をさらに高めたいなら、乳酸菌でが豊富なヨーグルトを加えるのも良い。

豆乳を牛乳の代わりと思えば、様々なバリエーション存在する。

イチゴやバナナとなどのフルーツと一緒にミキサーにかければ、朝食に最適なフルーツ豆乳ができる。

さらに、豆乳は料理にも応用でき、豆乳を卵に入れて焼いたオムレツは、一層ふっくらとした仕上がりにもなる。

また、冬に最適なのは豆乳鍋だ。

豆乳は魚や肉の生臭さを和らげて、さっぱりとした仕上がりになる。

豆乳には、色々なタイプのものが市販されていて、自分が好きな味の豆乳にも出合うことができるだろう。

豆乳を選ぶときには、「豆乳」か「調製豆乳」という表示があるものを選んでみよう。

2010年10月13日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。